安全安心な家を求めて|サカエ建設は高品質な建材を使っているため上質な住宅造りが可能

安全安心な家を求めて

相談

地震に強い三要素

地震に強い家を決定する要素は三つあります。建物と地盤、それと家を作る時の施工です。この三つの要素がそろっていないと、地震に強い家はできません。一つ目に建物そのものが地震に強い作りになっていること、二つ目に地盤です。軟弱な地盤や液状化しやすい地盤では、建物をしっかりと支えることができません。三つ目が施工になります。施工する会社に求められるのは、設計図通りに家を建てることです。欠陥も手抜きもなく品質が高い家を建てる能力が求められます。より良い方法を提案してくれる会社ならばベストです。このような良い施工会社を見つけるためには、その会社の施工実績と地元密着型といった点で選んでいきます。地元密着型の施工会社ならば、いい加減な仕事はできないからです。

住宅性能表示制度

建築の専門家でない一般の人が、地震に強い家を見極めることは非常に難しいことです。もっとも判断がしやすいのは、住宅性能表示制度を利用した住宅を選ぶことです。住宅性能表示制度を利用している住宅では、設計者や施工者、売り主とまったく関係がない第三者の専門家が、図面や建物をチェックしていきます。今まであいまいだった家の信頼の基準が明確になって、どの程度の品質を持つのか一目でわかるため購入する人が物件同士を比較検討したり、安全安心で地震に強い家かどうかを見極めやすくなっています。この制度は近年にできた制度で、この制度を利用するかどうかは住宅を取得する人、住宅の生産者、販売者が決めることになっています。この制度を利用することで地震に強い家を手にすることができます。