賃貸との違いがポイント

内観

新築一戸建ては、どの年代でも憧れでもあり、不動産会社への相談も相次いでいます。埼玉の不動産ニーズは賃貸寄りではあるものの、家族構成によって、新築の購入から新築顔負けとなる増改築なども展開されています。

Read

自然素材を活用する

戸建て

無垢材と漆喰などの自然素材を用いた注文住宅が静岡県には多いです。こうした住宅の耐熱性や断熱性は優れています。また、ヨーロッパ系の輸入住宅は森の中に住んでいるような健やかかつ温もりのある住宅になっています。

Read

安全安心な家を求めて

相談

地震に強い家の三要素は建物と地盤、それに施工にあります。施工実績がある地元の業者に依頼すれば、地震に強い家を作ることができます。近年は住宅性能表示制度を利用することができます。家の建築に関係しない第三者が地震に強い家かどうかをチェックします。

Read

高性能な注文住宅

建設

長く続く快適な暮らし

注文住宅は、希望する外観や内装にすることができるため、人気があります。しかし住宅で重要となっているのは、デザインだけではありません。快適に暮らせるかどうか、そして全体的に長持ちするかどうかは、建材や構造に左右されるのです。いくら見た目が好みでも、暮らしにくかったり、頻繁に修繕が必要となったりするのでは、魅力は半減します。こういったトラブルを防ぐため、多くの人が注文住宅の建築を、サカエ建設に依頼しています。というのもサカエ建設では、高品質な建材を使った高性能な注文住宅が、多く建てられているからです。たとえば、一般的なものよりも厚みのある断熱材を壁や床に入れたり、柱や梁の固定に頑丈なドリフトピンを使用したりといった具合です。これらにより、外気や衝撃の影響を受けにくい住宅が完成するのです。

オーナーの希望を反映

サカエ建設は、柔軟な対応をするという点でも、オーナーの間で高く評価されています。たとえば敷地が狭い場合には、無駄を省いた設計によって、可能な範囲で屋内の空間を広げます。また、オーナーの希望があれば、ウッドデッキを加えたり、全ての部屋に床暖房を入れたりもするのです。このようにサカエ建設は、オーナーの希望を逐一取り入れながら、予算内での最善と言える注文住宅を建築しているのです。そのためサカエ建設に依頼した多くの人が、満足度の高い注文住宅を手に入れています。もちろん、建築前には地盤調査や地鎮祭などがしっかりとおこなわれます。完成後のアフターメンテナンスもおこなわれるので、サカエ建設によって建てられた注文住宅では、安心して長く暮らすことができると言えます。